スポーツニュース  2009年12月16日 19:11

■レスリング全日本大学グレコローマン 55キロ級で森が初V 本学9年ぶりの個人王者

 レスリングの全日本大学グレコローマンスタイル選手権が10月13、14日に東京都世田谷区の駒沢体育館で行われ、55キロ級で森大輔(商4=徳島・池田高)が初優勝した。

 同大会での本学の個人優勝は9年ぶり。60キロ級の入江清志(経済2=茨城・鹿島学園高)が3位、120キロ級の斉藤信之助(商1=秋田・明桜高)が8位に入賞。団体は7位だった。
 森は決勝で大谷康太(専大4)と対戦。第1ピリオドは0-1で落としたが、第2ピリオドでは相手を場外に押し出し1-0、第3ピリオドもバックを取り1-0で接戦を制した。
 入江は3位決定戦で鈴木将斗(明大2)に2-0で勝利。斉藤は敗者復活戦で昨年の世界ジュニア選手権銅メダリストの平川臣一(専大4)に完敗した。
 森の話 優勝できてうれしい。けがに苦しんでもあきらめずに練習してきてよかった。
 富山英明監督の話 森はけがをしていたのに、(優勝という)結果を出した。よく頑張った。

9面 ラフ用.JPG
相手のすきを突きバックをとる森

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.