スポーツニュース  2009年09月25日 17:06

■弓道 全日本学生 男子団体2年ぶり V  男子個人では木所が3位

 弓道の全日本学生選手権が8月10日から13日まで、名古屋市の日本ガイシホールで行われた。本学は男子団体で2年ぶり13回目となる優勝を果たし、射技の評価点が高い大学に贈られる射道優秀賞も受賞した。

 女子団体は決勝トーナメント3回戦で敗退した。また、男子個人は木所隆明(商2=埼玉・岩城商高)が3位に入賞した。
 男子団体は5人がそれぞれ4射し、合計20射で競う。本学は予選を16中で通過。東北大との決勝トーナメント1回戦は19中―14中で快勝、続く立命大との2回戦も19中―16中で勝利した。その後も順調に勝ち進み、準決勝では国際武道大と17中―17中で同中競射にもつれ込んだが、5中―4中で逃げ切った。愛知大との決勝を19中―17中で快勝した。
 女子団体は3人がそれぞれ4射し、合計12射で競う。本学は予選を9中で通過し、決勝トーナメント1回戦のシード権を獲得した。2回戦では安田女大に8中―4中で快勝したが、3回戦で立命大に9中―11中で負けた。
 男子個人では木所が決勝11本目で外し、準優勝を懸け、遠近競射を行ったが、西日本工大の矢野翼(3)に敗れた。

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.