スポーツニュース  2009年09月25日 16:49

■体操 全日本学生 女子団体が1部復帰 1部男子団体総合は3位

 体操の全日本学生選手権が8月20日から22日まで前橋市のぐんまアリーナで行われ、男子は1部団体総合で3位だった。女子は2部団体総合で優勝、2年ぶりに1部復帰を決めた。

 男子は大きなミスはなく、鉄棒で主将の古賀裕将(文理4=鹿児島・れいめい高)や小泉和照(同2=大阪・清風高)らが高難度の技を決めるなど2位の順大に約1点差に迫る気迫のこもった演技を見せた。
 女子は苦手としていた段違い平行棒で、鎌田優(同4=千葉・聖徳大付属高)らが安定した演技で高得点を出した。

 梶山広司監督の話 男女ともに練習の成果が発揮できたのでよかった。

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.