サークルニュース  2009年10月03日 12:46

■水上スキー全日本学生 女子団体11年ぶりV 九原、2種目で会心の滑り

 水上スキーの桂宮杯全日本学生選手権が8月28日から30日まで秋田県の大潟村水上スキー場で行われ、本学は女子団体で11年ぶりに総合優勝した。男子団体は総合6位。個人では女子の九原英理佳(文理・英文4)がスラロームとトリックで1位、岡綾子(生産工・建築工3)がジャンプで2位、男子の福王良兼(経済・産業経営2)がスラロームで4位だった。

 九原はスラローム、トリックともに安定した滑りを見せた。女子団体では丸山みゆき(商・商業2)がけがでスラロームとジャンプを欠場したが、岡、九原の奮闘で優勝に輝いた。

攻めの姿勢貫き 
◇…「ウチらならいける」。大会最終日の前夜に行われたミーティング後、九原と岡は最後まで攻めの姿勢を貫くことを誓った。(続きは本紙9月号へ)

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.