校友・付属校ニュース  2009年09月25日 14:38

■佐野日大高 サニチサイエンスラボ催す

 佐野日大高は7月19日、同校理科棟で「サニチ・サイエンス・ラボ2009」を開いた。同校は06年に「スーパーサイエンスハイスクール(SSH)」に指定されており、理数に重点を置いた教育を行っている。ラボ開催はその教育の一環で今回が3回目。科学実験や工作などを通して小中学生に科学の面白さを伝える催しに74人が参加した。

 同高の生徒が指導役となり、エコ・バッテリーカーの仕組みの解説やミニ熱気球の実演、ゲルマニウムラジオの製作など18のテーマで実験などを行った。
 SSH担当の万木達夫教諭は「はじめはSSH教育の一環として始めたが、やってみると意外にも反響が大きかった。地域の小中学生たちが喜んでいる姿を見るとうれしくなる。生徒ともどもこれからも頑張っていきたい」と話した。

サニチサイエンスラボ.jpg
小学生に科学の魅力を伝えた

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.