総合ニュース  2009年08月07日 21:20

■理工  2学科で相次ぎイベント 理科の楽しさ学ぶ

 理工学部の物理学科は7月20日、高校生を対象にした科学イベント「ひらめき・ときめきサイエンス」を同学部船橋校舎で開催し、20人が参加した。

 今回のテーマは「核融合エネルギーと宇宙の進化」。最新の宇宙物理学などを紹介し、宇宙を創造したとされる核融合の原理を説明。核融合発電のメカニズムについても解説した。
 また物質応用化学科は同月25日、同学部駿河台校舎で高校生らに化学実験の楽しさを教える一日体験教室「夢・化学21」を開いた。高校生や社会人約100人が参加し、材料化学、環境化学、生命化学の3分野に分かれて実験した。「エッセンシャルオイルの抽出―蒸留技術の進歩を体験」では、花や葉をミキサーにかけ、水を加えて加熱。発生した蒸気を冷却して得た液体からエッセンシャルオイルを抽出する様子を観察し、香りを確かめた。

夢化学21.JPG
夢・化学21では教授たちと実験を行った

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.