校友・付属校ニュース  2009年07月28日 10:30

■付属幼稚園 元気に夏楽しむ 太鼓を頼りにスイカ割り

 付属幼稚園(前川吉彦園長)で7月2日、恒例のスイカ割りが行われた。当日は雨天のため、室内ホールで行った。

 3クラスある年長組の園児約60人が目隠しをし、先生のたたく太鼓を頼りに1クラスずつスイカ割りに挑戦。園児たちは「もう少し右だよ」と声援を送り、棒を振り下ろすときに全員で「せーの!」と声を掛けた。ひびが入り始めると列から飛び出し「もうすぐ割れるかな」とのぞき込む園児もいた。
 二つ目のスイカがなかなか割れない。「先生たちもやって!」と園児たちから先生コールが起こる。先生が3人掛かりでやっと割ると、園児たちは「やったー!」と歓声を上げた。
 行事後は、別に用意したスイカがおやつに振る舞われた。


DSC_1505.JPG

割れたスイカを見て喜ぶ園児たち

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.