総合ニュース  2009年06月30日 21:20

■2008年度決算 2526億円承認 予算対比で約26億円増加 

 2008年度決算が5月22日、日本大学会館大講堂で開かれた評議員会で報告、了承された。08年度の資金収支決算総額は2525億5492万7591円で、予算対比25億5400万円(1・02%)増となった。評議員会ではこのほか、引当資産等の運用状況や事業報告も行われた。出席者は酒井健夫総長ら117人(うち委任状14人)。

 【収入】学生生徒等納付金収入は、学部新入生数が増加したことなどに伴い2億6447万円(前年度比0・26%)増。手数料収入は、学部1部の入学志願者数増に伴う入学検定料の増収などにより4億3082万円(同13・02%)増となった。
 補助金収入は私立大学等経常費補助金などの減収で11億711万円(同5・85%)減だった。
 【支出】人件費支出は教員定年延長退職者数の増加などにより、4億6299万円(同0・44%)増。設備関係支出は受託研究対象設備にかかわる機器備品購入の増加などにより2938万円(同0・65%)増となった。
 管理経費支出は学生募集などの見直しによる広告費の減少などにより2億1470万円(同3・22%)減だった。

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.