サークルニュース  2009年06月20日 21:05

■芸術東京学生映画祭 頃安さんグランプリ 京都学生映画祭で上映決定

 東京学生映画祭が5月29日から31日まで東京都世田谷区の北沢タウンホールで開催され、大学院芸術学研究科の頃安祐良さん(博士前期課程2)の作品「シュナイダー」が実写部門でグランプリに輝いた。また同部門で山田卓司さん(芸術・映画3)の「心のスタンプ」も上映。同部門には120作品の応募があり7作品が上映された。

 「シュナイダー」は殺された子供の父親が、犯人に復讐(ふくしゅう)を遂げるストーリー。「天然コケッコー」などのヒット作で知られる映画監督の山下敦弘さん(32)、俳優の寺島進さん(45)ら3人が選考を行った。選考結果について山下さんは「京都学生映画祭でも上映するので、関西の学生にインパクトを与えられる作品を選んだ」と話した。同作品は7月5日に渋谷HUMAXシネマで、7月19、24日にぴあフィルムフェスティバルアワード2009で上映予定。
 頃安さんの話 うれしいとしか言えない。これをきっかけにさらに成長していきたい。


東京映画祭.JPG

喜びを語る頃安さん

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.