総合ニュース  2009年06月20日 21:04

■法 新学部長に杉本教授

 法学部の坂田桂三学部長の任期満了に伴う学部長選挙が5月21日に行われ、杉本稔教授(西洋政治史)が当選、6月5日の理事会で承認された。任期は2009年7月1日から3年間。

 候補者選挙は7人を選出したが、有効票165の3分の2以上を獲得した候補がなく、45票の岩井奉信教授(公共政策論)、35票の山川一陽教授(民法)、33票の杉本教授の上位3人で学部長選挙を行った。
 その結果、有効票107のうち杉本教授が46票、山川教授が32票、岩井教授が29票を獲得。過半数を獲得した候補がなく上位2人による投票で杉本教授が当選した。
 
略歴】1946年10月12日、東京都生まれ。62歳。69年法学部政治経済学科卒。76年大学院法学研究科修士課程修了。98年法学部教授。
杉本稔教授

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.