サークルニュース  2009年06月20日 21:00

■バレーボール同好会リーグ 則岡、吉岡を中心に攻め 理工・短大が関東V

バレーボールの関東大学同好会リーグ春季大会が5月17日から31日まで東京都千代田区の法政大学富士見坂キャンパス体育館などで55大学143チームが参加して行われ、本学理工学部の日大理工・短大バレーボール(土屋俊晃部長=精密機械工3)Bチーム(三浦昴大チームキャプテン=同2)が優勝した。

Bチームは予選リーグ2勝0敗で準決勝トーナメントに進出。初戦で中大に2-1で競り勝つなどして決勝リーグへの切符を手にした。31日の決勝リーグは初戦で文理学部の日大文同チームを2-1で下し、2試合目は日大リーグを3連覇中の生産工学部の日大生産工Aチームと対戦。レフトの則岡翔(社会交通工3)、吉岡頌平(物理2)を中心に果敢に攻め2-1で勝利。最終戦の文理学部の日大文研チームも2-1で下し、全勝優勝した。
 三浦チームキャプテンの話 日大理工リーグでは、1部に上がれるよう頑張りたい。

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.