総合ニュース  2009年06月20日 20:46

■生物資源科 大黒PAの緑化活動に協力 学生らが花壇造る

 生物資源科学部の勝野武彦教授(造園学)と研究室の学生24人が5月23日、横浜市の大黒パーキングエリア(PA)の花壇を造った。首都高速道路株式会社の依頼によるもので今回で2回目。PAの緑化を進めている同社が神奈川県にキャンパスのある同学部に協力を求めた。

 花壇のテーマは「夏のピアノ」。全長約100メートル、奥行き2メートルの細長い花壇にピアノの鍵盤をイメージして花を植えた。また横浜ベイブリッジ20周年を記念して花で「20」の数字を表現したりハート型の花壇を造った。いずれも7月下旬に見ごろを迎える。
 参加した金子美萌さん(植物資源科4)は「自分たちの造った花壇を見て利用者が喜んでくれたらうれしい」と話した。

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.