校友・付属校ニュース  2009年05月31日 11:31

■全国技能グランプリ 「かわらぶき」で優勝

熟練技能者がさまざまな技能の日本一を競う「第25回全国技能グランプリ」が3月20日から23日まで神戸市内で行われ、茨城県の桜井瓦工業4代目の桜井茂幸さん(34歳、1993年土浦日大高卒)が「かわらぶき」部門で内閣総理大臣賞(グランプリ)を受賞した。

 かわらぶき部門には全国20府県から代表者が出場し、約2・5メートル四方の模擬屋根に3日間で瓦をふく技術を競った。桜井さんはバランスを保ち、緩やかな曲線を描く屋根を完成させた。破損や工程ミスなど大きな減点はなかった。
 土浦日大高時代はボート部に所属し、競技に専念。卒業後、京都府内の瓦施工技術集団「甍(いらか)技塾」で3年間修行し、96年春、父親の仁博(きみひろ)さんの会社に就職した。

 桜井さんの話 県の推薦や応援してくれる方があっての受賞だった。屋根の曲線部分には正解はないが作り手の心や感性が表れる。後輩を育てながら、おごらず自分を戒め、これからもお客さんが喜んでくれるような仕事をしていきたい。

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.