学術ニュース  2009年05月27日 16:54

■女性研究者支援 小渕少子化相ら訪問 昨年度の事業成果を報告

 本学の女性研究者を支援する女性研究者支援推進ユニットの大坪久子ユニット長(総合科学研究所教授)、野呂知加子推進コア長(生産工学部准教授)、落合豊子WLB推進チーム長(医学部教授)の3人が4月9日、小渕優子少子化・男女共同参画担当相と塩谷立文科相を表敬訪問した。訪問には、鴨下一郎前環境相(1979年本学大学院医学研究科修了)が同席した。

 本学は今年11月25、26の両日に文科省後援で他大との合同シンポジウムを主催する予定。小渕氏らにシンポジウムの幹事校として準備状況を説明。また文科省の女性研究者支援モデル育成事業「キャリアウェイ・ユニバーサル化日大モデル」についても昨年度の事業成果を報告。これに対し小渕、塩谷両相は「ますます頑張るように」と激励した。


ぶっちふぉん.JPG

小渕氏(左)に活動を報告するメンバー

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.