サークルニュース  2009年05月26日 17:53

■プロレス研 帝京大などと共演 コミカルな演技で笑い誘う

 プロレス研究会(角侑次郎会長=法・政治経済4)は5月10日、東京都八王子周辺の23大学が合同で開催した地域合同学園祭に参加。帝京大や国学院大などと「Opening SWS~裸になって何が悪い!」を共同開催した。全7試合が行われ、本学からは5人が出場した。

 会場は八王子駅前の歩行者スペースに設置されたリング。シングルマッチではコーナーポストに登り、バック転で相手にボディープレスを仕掛けるムーンサルトプレスなどの大技が飛び出し、観客から大歓声が上がった。
 第2試合には角会長の「軍団ひとり」が登場。対戦相手と一緒にリング上で準備体操をしたり、相手から逃げ出してリングを離れ、レフェリーから連れ戻されるというコミカルな演技を披露、観客の笑いを誘った。

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.