スポーツニュース  2009年04月30日 22:08

■飛び込み日本選手権 小川が7位に入賞 体勢崩し追い上げならず

 飛び込みの日本選手権が4月3日から5日まで東京都江東区の辰巳国際水泳場で行われ、本学の小川貴弘(文理1=埼玉栄高)は男子高飛び込みで7位だった。

 小川は決勝の自由選択飛び1回目で逆立ち後ろ宙返り2回えび型で上位入賞への期待をつなぐ50・40点を獲得。しかし2回目以降は入水で体勢を崩すなど得点が伸びず、結局297・90点で7位に終わった。
 小川は「全体的にレベルが高く、力不足だった。納得のいく結果ではない。練習中いい踏み込みができないと試合で実力を出せないと実感した。全日本学生選手権では優勝を目指す」と話した。
 また、男子3メートル飛び板飛び込みに出場した付属東北高の小林和真(3)が11位に入賞した。

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.