校友・付属校ニュース  2009年04月30日 21:46

■長崎日大高 エコサミット開催 松永さんら生徒18人が企画

 「高校生によるエコサミット全国大会in長崎」が3月14、15日に長崎ブリックホールなどで開催された。長崎日大高の松永瑠衣子さん(3)ら18人の生徒が企画したイベントで、全国から6校が参加。
 

 松永さんらは、北海道の高校生が2007年に洞爺湖で開催した環境サミットに負けないサミットを開催しようと文科省の08年度教育改革推進モデル事業として企画を提案、採択された。イメージキャラクターには同校デザイン美術科の岡田遼太さん(2)がデザインしたカエルのマスコット「ecoeco」が選ばれた。
 初日には「高校生の目から見たエコ活動の意義」をテーマに、各校代表が日頃の活動について発表。2日目は下水の再利用など独自の環境対策に取り組んでいる地元のテーマパークを見学した。
 長崎日大高は06年の同校創立40周年をきっかけに、プルタブやアルミ缶を回収して得た資金で車いすを購入したり、食堂で捨てられる割りばしをリサイクルするなどの取り組みを始めた。07年には県から+(プラス)エコ推進団体に指定されるなど、活動を地域に広めている。
 松永さんは「周りの人たちの協力があったからこそ実現できた。これからもエコ活動を続けていきたい」と話している。

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.