総合ニュース  2009年04月22日 23:10

■文理 京王電鉄との共催イベント 桜麗祭さくら展開催

 本学文理学部前の桜並木通りで毎年行われている「しもたか大さくら祭り」が3月28、29の両日に開催された。これに併せて同学部は「桜麗祭さくら展」を京王電鉄と共同開催した。京王電鉄が同学部のイベントを共同開催するのは初めてだという。

 初日は付属桜丘高のブラスバンド部による演奏会が行われ、地域住民が足を止め、耳を傾ける姿が見られた。2日目は、百周年記念館ロビーで、今年の箱根駅伝に出場した堂本直寛選手(文理2)ら3人が講演した。往路1区を走った堂本選手は「地域の人々が応援してくれていることが、このイベントで再認識できた。来年の箱根駅伝も頑張りたい」と話した。
 実行委員長の小泉淳平さん(文理・地理2)は「京王電鉄との共同開催効果もあり、昨年よりたくさんのお客さんが来てくれた。これを機会にいいお付き合いをしていきたい」と振り返った。

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.