総合ニュース  2008年12月17日 20:14

■理工、生産工学部が開催 子ども向け理系教室 

 小中高生対象の理系教室「ひらめき・ときめきサイエンス―ようこそ大学の研究室へ―KAKENHI」が理工学部と生産工学部で開催された。

 理工学部では、11月2日に同学部船橋校舎の先端材料科学センターで中川活二教授(電子材料)が、光を使って微小な磁石の集まりの向きを変えて情報を記録する「光アシスト磁気記録」について講義した。
 生産工学部では、11月3日に同学部津田沼校舎4号館で大内宏友教授(都市・地域計画)が「webGISによる安全・安心まちづくり地図の作成」について講義した。子どもたちは自分たちが住んでいる町で危険と感じた個所や遊べる個所を地図に書き込んだ。出来上がった地図は市役所に提供、町づくりに役立ててもらう。子どもたちは「この公園でよく遊ぶんだ」など楽しそうに作業を進めた。

ひらめき・ときめきサイエンス.JPG
危険な場所を地図に書く子どもたち(生産工)

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.