2008年12月17日 20:03

■プロレス研 昭和プロレス お台場で興行

 プロレス研究会(角侑次郎会長=法・政治経済3)は11月24日、東京都港区のデックス東京ビーチ内のお台場1丁目商店街で「昭和プロレス興行」を行った。お笑い芸人の長州小力やハチミツ次郎が所属する西口プロレスとの共催で、今回で5回目。会場には約300人の観客が詰め掛けた。

 選手らはアブドーラ・ザ・ブッチャーやジャイアント馬場など昭和を代表するレスラーに扮(ふん)し、ジャイアント馬場の十六文キックやアントニオ猪木の延髄切りなどの定番技を繰り出した。試合の途中、客席にいた小学校1年生ぐらいの男の子を選手が抱え上げリングへ。男の子が足をじたばたさせるとレスラーたちが倒れるというアドリブも披露した。

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.