総合ニュース  2008年12月06日 14:20

■芸術 ラジオ部門に3人が入賞 学生CMコンクール

 全日本シーエム放送連盟主催の第21回ACC学生CMコンクールのラジオCM部門で、公文達裕さん(芸術・放送2)が大賞を受賞した。相沢みのりさん(同)が銀賞、伊沢佳奈子さん(同)が奨励賞をそれぞれ受賞した。ラジオCM部門の5賞のうち本学の学生が三つの賞を獲得した。同部門には2662作品の応募があった。
 

 コンクールは、NTTドコモや資生堂など19社の協賛企画。学生たちは指定された社の商品から一つを選んでCMを作る。ラジオCMは20秒か60秒、テレビCMは15秒か30秒で制作する。
 公文さんはライオンの医薬品「ストッパ下痢止めA」を選んだ。受験生の息子と母親の会話を「ストッパで試験突破」と締めくくり、商品名と験担ぎをうまくマッチさせた。相沢さんは養命酒製造の「薬用養命酒」、伊沢さんは東芝の「東芝サイクロンクリーナーQuie(クワイエ)VC-1000X」のCMを作った。
 表彰式は11月4日、東京都港区のザ・プリンスパークタワー東京で行われた。
 公文さんの話 授業の一環で出した作品なので驚いた。将来は、アナウンサーとしてCMを伝える側になりたい。

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.