サークルニュース  2008年11月27日 22:41

■英語研 難波さん2年連続総長杯 命の大切さ訴える

 英語研究会(加藤望委員長=生産工・土木工3)主催の総長杯OB杯争奪英語弁論大会が10月25日、日本大学会館601会議室で行われた。法、文理など6学部の予選を通過した11人が出場した。総長杯は昨年に続き難波奈瑶子さん(生物資源科・生物環境工2)が、OB杯は内山和也さん(経済・経済1)が獲得した。

 難波さんは「BeautyfromtheDark」と題し、化粧品の製造過程で行われている動物実験に反対する英国の化粧品メーカーLUSHの「STILLAGAINSTANIMATESTING(それでも動物実験に反対する)
」という経営理念を取り上げ、動物実験のむごさや生命の大切さを訴えた。
 内山さんは「Wastedisposal(ゴミ処理)」と題し「できるだけゴミを出さない社会をつくるため、一人一人の意識を変えることが必要になって
くる」などと熱弁した。

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.