総合ニュース  2008年11月06日 22:26

■総長、理事長の就任式行う 酒井総長「全精力を注ぐ」

 酒井健夫総長、田中英壽理事長の就任式が9月26日、日本大学会館大講堂で行われた。新理事32人のうち30人が出席したほか、小嶋勝衛前総長・理事長らが出席した。

 酒井総長、田中理事長の就任あいさつの後、小嶋前総長・理事長が祝辞を述べ、新理事の紹介が行われた。

 【酒井総長就任あいさつ要旨】 
本学はいつの時代も、全国の受験生に選ばれ続ける大学でなければならない。そのためには部科校の個性を尊重しつつ、教育と研究の連携を今まで以上に深めるべきだ。ダイナミックに改革を推進し、学生・生徒諸君により良い教育・研究環境を提供したい。これらの問題に直ちに挑戦し、魅力ある大学を実現するため全精力を結集する覚悟だ。

 【田中理事長就任あいさつ要旨】 
2007年度の決算で、本学は収入で初めてその年の支出を賄えない財務体質になった。今後、理事会で十分に審議し健全財政に持っていく所存だ。本学には付属病院の建て替え推進や広報戦略の強化など重要な課題が数多くある。積極的に議論を重ね、総長の考えるさまざまな計画を実現できるように全力を挙げてバックアップしていきたい。

就任式.JPG
就任のあいさつをする酒井総長

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.