サークルニュース  2008年10月03日 20:56

■SCRP日本代表選抜 松戸歯の会田さん優勝 10月には米国の大会に出場

 歯学系学生が英語で研究発表する「第14回スチューデント・クリニシャン・リサーチ・プログラム(SCRP)」日本代表選抜大会が8月20日、東京都千代田区の新歯科医師会館で行われ、会田悦子さん(松戸歯5)が優勝した。会田さんは、10月16日から19日まで米テキサス州で開かれる米国歯科医師会SCRPに日本代表として参加する。

 全国の歯科大学、歯学部29校から選抜された18人が出場。昨年は本学の秋山祐子さん(歯6)が優勝、2年連続で本学から優勝者が出た。
 会田さんの発表テーマは「携帯電話とパソコンを利用したブラッシング効果の検討」。ブラッシングによる歯肉のマッサージは虫歯だけでなく歯周疾患や口嗅を防ぐ効果があるが、歯垢(しこう)が除去できているかどうかの確認が難しい。会田さんはカメラ付き携帯電話で口の中を撮影し、歯垢の除去状態を定期的に確認することを提案した。
 会田さんの話 日本大会で戦った仲間たちも応援してくれている。米国での発表も頑張りたい。

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.