総合ニュース  2008年10月03日 20:18

■メダリスト凱旋 総長「たくましさ感じた」

 北京オリンピックで銅メダルを獲得した男子競泳の佐藤久佳(文理4∥東京・付属豊山高)とシンクロナイズドスイミングの鈴木絵美子(2007年経済卒∥東京シンクロクラブ、ミキハウス)、原田早穂(06年文理卒∥同)の3選手が凱旋(がいせん)し、9月9日に酒井健夫総長を表敬訪問、五輪の成果を報告した。競泳日本代表の上野広治監督(付属豊山高教員)、倉沢利彰コーチ(法学部学生課職員)も同席した。酒井総長は「世界の舞台で活躍している諸君の姿に強さとたくましさを感じた。今後の活躍にも期待している」と称賛した。(14面に関連記事)

五輪 表敬訪問.JPG

酒井総長を表敬した佐藤、鈴木、原田(右から)

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.