スポーツニュース  2008年10月03日 19:56

■自転車 3種目制し2位に大差つけ総合26連覇を達成

 自転車の第64回全日本大学対抗選手権(インカレ)が8月28日から31日まで長野県松本市のかりがね自転車競技場などで行われ、本学は2位に32点差を付ける総合得点93点を獲得し26連覇を達成した。

 四千メートル団体追い抜きには我妻敏(文理3=福島・石川高)、川西貴之(同4=岐阜・岐南工高)、窪木一茂(同1=福島・石川高)、高橋翔太(同=岐阜・岐南工高)が出場し、2位の鹿屋体育大に約7秒の大差をつけて優勝した。千メートルトライアルは我妻が1位、辻中国宏(経済4=京都・北桑田高)が2位、四千メートル個人追い抜きは川西が3位、ポイントレースは兼平純(同3=岩手・紫波高)が50点を獲得し2位、最終レースの個人ロードレースは漆沢均(同)が3位に入った。

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.