学術ニュース  2008年10月02日 16:29

■理工 藤田教授が学術団体副会長に 留学体性整えたい

 理工学部の藤田肇教授(流体工学)がこのほど、東南アジア太平洋地域工学教育協会の副会長に就任した。副会長は加盟15カ国の持ち回りで、任期は3年。

 同協会には、オーストラリアやベトナム、シンガポールなど東南アジアやオセアニア地域の国々が加盟。工学教育の世界的基準であるワシントンアコードに基づき、加盟国に対し工学教育質的改善など具体的施策を提案している。
 藤田教授は「加盟国から留学生を受け入れる体制が日本にはまだ整っていない。体制を整え技術を教えたい」と話している。

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.