校友・付属校ニュース  2008年10月02日 15:50

■ゴルフ宮崎日大高 日本ジュニア女子15-17歳の部 宮沢が接戦制し優勝

 第14回日本ジュニア選手権の女子15-17歳の部が8月21、22の両日に埼玉県川越市の霞ケ関カンツリー倶楽部東コース(パー71)で行われ、宮崎日大高の宮沢亜衣(1)が優勝した。
同選手権は67人が出場し、ストロークプレーで18ホールを回り、2日間の合計を競った。

 宮沢は初日をイーブンパーの3位で首位と2打差。2日目は、9ホールを終えた時点で1オーバーの首位タイ。16番ではあわやホールインワンという会心のショットでバーディーを奪い、単独首位に立った。最終ホールもリズムを崩さずパーパットを沈め、2位と1打差で優勝を決めた。
 宮沢は、2006年の同選手権12-14歳の部でも優勝している。ほかにも全国レベルの大会で多くのタイトルを獲得している。

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.