総合ニュース  2008年08月25日 10:18

■生産工 新たに2学科設置 既存7学科はコース再編

 生産工学部は2009年度から環境安全工学科と創生デザイン学科を開設する。入学定員はいずれも120人。入試で国語や日本史、世界史を選択できるようにし、文系の生徒も受験しやすくした。

 環境安全工学科は物理、化学、土木など既存の学科の専門科目を総合的に取り入れ環境問題などを学ぶ。2年次からは安全な環境を創出するための技術などを学ぶ環境安全コースとエネルギー問題を学ぶ環境エネルギーコースに分かれる。
 創生デザイン学科はものづくりの知識や技術などを教え、デザイナーを育成する。同学科には身近な家電製品などの開発を行うプロダクトデザインコースと都市計画などを学ぶスペースデザインコースを設けた。
 既存の7学科についてはコースを再編成した。土木工学科は1コース、建築工学科は2コース、機械工学科、電気電子工学科は3コースの名称を変更。応用分子化学科は2コースから3コース、マネジメント工学科は3コースから2コースに再編。数理情報工学科はメディアデザインコースを開設し、3コースとした。

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.