校友・付属校ニュース  2008年08月20日 16:50

■高校野球 「日鶴」球児 甲子園へ 早実破り18年ぶりⅤ 付属2校も西東京ベスト4 

 第90回全国高校野球選手権の地方大会が各地で行われ、付属鶴ケ丘が西東京大会決勝で早稲田実業に13-5で快勝、18年ぶり2度目の甲子園出場を決めた。全国大会では8月3日の第1試合で鹿児島実業と対戦。8回まで14安打で14得点を許した。五回に1点を返したものの、後が続かず1-14で敗れた。

 西東京大会では日大二と日大三がベスト4に進出。日大三は一昨年の決勝で惜敗した早稲田実業に準決勝で敗れたが、日大二との同門対決を制した付属鶴ケ丘が決勝で早実を破った。また、山形大会では付属山形、栃木大会では佐野日大、北神奈川大会では付属日大、宮崎大会では宮崎日大がぞれぞれ準々決勝まで駒を進めた。
 西東京大会準決勝で付属鶴ケ丘は8回まで日大二に6-7とリードされたが、九回に2点を入れ8-7で逆転勝ちした。
 早実との決勝では三回に4番の小野瑛人(2)が適時打で1点を先取。同点とされた四回裏に立原誓也(2)と坂井貴大(3)の2点適時打などで5点を追加した。
 八回表に2点差まで詰め寄られたが、その裏打者一巡の猛攻で7点を挙げ13-4と差を広げ、九回の無死満塁のピンチも1失点に抑えて逃げ切った。先発の山地寿幸(3)は8四球を与えながら完投した。
 萩生田博美監督の話 先頭打者を出すなどある意味山地らしいピッチングだったが、我慢強く投げてくれた。
 山地の話 チームの打線が好調だったから同点になっても大丈夫だと思った。

野球.JPG

甲子園出場を決め喜ぶ付属鶴ケ丘の野球部員

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

トラックバック

高校野球 from しゅぶの日記
高校野球 「日鶴」球児 甲子園へ 早実破り18年ぶり?X 付属2校も西 ... ... [続きを読む]

Tracked on 2008年08月20日 19:40
このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.