サークルニュース  2008年08月20日 16:33

■ミス・ユニバース 美馬さんトップ15 「人間として成長できた」

 世界80カ国の代表が出場する2008ミス・ユニバース世界大会の最終審査が7月14日にベトナムであり、日本代表の美馬寛子さん(文理・体育4)は世界のトップ15入りを果たした。ミス・ユニバースにはベネズエラ代表が選ばれた。

 美馬さんら各国代表は約1カ月前から現地入りし、ステージパフォーマンスやスピーチなどを経て最終審査の対象となる「トップ15」に絞り込まれた。美馬さんはこの15人の中に残ったが、水着審査の結果、トップ10には至らなかった。
 美馬さんの話 トップ15で終わったことは悔しいが、日本代表になってさまざまな人に会うことができ、人間として成長できた。


お美馬さん.JPG

15位以内に入りトロフィーを手にした

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.