校友・付属校ニュース  2008年08月20日 16:28

■村田、五輪代表入り 北京での活躍に期待かかる

 本学OBの横浜ベイスターズ村田修一(2003年経済卒、写真=(C)YOKOHAMABayStars)が野球の北京五輪日本代表に選ばれた。村田は8月3日、風邪による、のどの痛みのため東京都内の病院に入院したが、数日中に退院できる見込みという。

 村田は昨季、36本塁打で自身初の本塁打王に輝いたほか、101打点を挙げ2年連続30本塁打、100打点も達成。今季は出場92試合で30本塁打76打点(7月29日現在)と好調を維持している。昨年12月に行われた北京五輪予選を兼ねたアジア選手権では、9打数4安打と活躍した。
 今年のオールスターゲームにも出場した村田は三塁手のファン投票で約29万票を獲得し1位で選出されるなど、ファンからの支持も厚い。
 本学出身者の五輪代表選出は04年アテネ大会の清水直行(1994年経済入学=千葉ロッテマリーンズ)から2大会連続。
 東福岡高から本学に入学し、東都1部リーグでの4年間で歴代2位の通算20本塁打を記録。02年のドラフト会議で自由獲得枠で指名された。

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.