スポーツニュース  2008年07月02日 17:15

■アメフットヨコハマボウル 関学大に競り勝つ 第4Qに中村が逆転のTD

 アメリカンフットボールの第22回ヨコハマボウルが6月1日、横浜スタジアムで行われ、本学フェニックスは昨年の東西大学王座決定戦(甲子園ボウル)で敗れた関学大に15―10で勝ち、雪辱を果たした。決勝の65ヤードタッチダウン(TD)を決めたWR中村輝晃クラーク(文理2=東京・駒場学園高)がMVPに選ばれた。

 第1Qは序盤から関学大が猛攻を見せた。本学ディフェンス陣はエンドゾーン間際で踏ん張ったが、試合開始3分に先制のTDランを許した。第2Qにセーフティーとフィールドゴール(FG)で5点を獲得したが、その後FGを許し5―10で第3Qを終了。
 第4Qでは開始3分にFGを決め2点差に詰め寄り、LB長島啓延(同4=東京・日大三高)のQBサックで相手のチャンスをつぶした。さらに試合終了2分前にQB平本恵也(同3=東京・佼成学園高)からのパスがWR中村へと渡り、逆転の65ヤードTDに結び付けた。
 中村の話 相手は学生王者で本当に強かった。最後は気持ちの面で勝てたのだと思う。関東大学秋季リーグの優勝を目指して頑張りたい。

赤と青の対決

 ○…「赤」の本学と「青」の関学大。1955年の第10回甲子園ボウルで初めて戦って以来、幾度となく対戦した両校の一戦は、いつしか「赤と青の対決」と呼ばれるようになった。
(続きは本紙6月号へ)

アメフト.JPG

長島(中央)のQBサックで相手のチャンスをつぶした

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.