総合ニュース  2008年07月01日 12:59

■2007年度決算 2443億円承認 予算対比は11億円の減少

 2007年度決算が5月23日、日本大学会館大講堂で開かれた評議員会で報告され、了承された。07年度の資金収支決算総額は2442億6230万1685円で、予算対比11億3800万円(0・46%)の減少となった。小嶋勝衛総長・理事長ら114人(うち委任状11人)が出席、1人が欠席した。

 また、監事に戸田善久氏、宮地勝也氏が新任、薄井昭氏、塩崎省三氏が再任された。寄附行為第19条に基づき戸田氏、宮地氏が常任監事となった。任期は6月1日から10年5月31日まで。
 【収入】補助金収入は日本私立学校振興・共済事業団から交付される私立大学等経費補助金などが減少したため、予算より6億7000万円(3・57%)減の180億7700万円となった。医療収入は、医、歯、松戸歯学部付属病院で外来収入が増えたことなどで、予算より4億4000万円(0・96%)増の463億700万円となった。
 【支出】教育研究経費支出は、建物改修工事の再検討により修繕費などが減ったことなどで、予算より8億3200万円(1・39%)減の589億9100万円となった。施設関係支出は、工事内容の見直しなどで予算より38億4200万円(24・67%)減の117億2800万円となった。設備関係支出は、受託研究の対象設備に掛かる備品購入が増えたことなどにより、予算(予備費使用前)より1800万円(0・37%)増の47億4800万円となった。

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.