サークルニュース  2008年05月29日 17:35

■法 放送研 春の「番組発表会」 約300人が会場埋める

 法学部放送研究会(柴田佳代子委員長=経営法3)は5月4日、東京国立オリンピック記念青少年総合センターで春の番組発表会を開いた。本学OBのほか、他大学の放送研究サークルの学生ら約300人が訪れ、会場は満員となった。

 テーマは「UFOキャッチャー」。一つ一つの作品をUFOキャッチャーの景品に見立て「気に入った景品があれば持ち帰ってほしい」というような気持ちを込めた。
 発表会の開催主体は2、3年生。スクリーンやパワーポイントを使い、映像など12作品を約4時間にわたり放送した。
 石村美佐夫さん(新聞3)は、新宿歌舞伎町のゲイバーで、店員と男子学生が会話している映像を発表した。若い客が来て興奮した様子の店員の声に、会場は笑いの渦となった。

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.