総合ニュース  2008年05月29日 17:14

■特別講演会 「好奇心を持て」 山本晋也さん人生語る 笑い交えて中高年を激励 

 総合生涯学習センターの特別講演会が4月22日、日本大学カザルスホールで開催され、映画監督の山本晋也さん(本名・伊藤直、1958年芸術入学)が「ワイドショーの社会学~誰も知らないテレビの秘話~」と題して、約1時間半にわたって講演した。山本さんは、独特の「山本節」を交えながら、中高年を中心とした聴衆の笑いを誘った。

 山本さんは自身の人生を「好きなことばかりしてきた」と振り返る一方で、50歳以降に「何か見えてきたものがある」と総括。50歳から75歳までが「人生の黄金期だ」と強調した。その上で、山本さんは「60歳で隠居生活をするなんて冗談じゃない」と“後期高齢者”予備軍の中高年者を激励した。講演の最後には「『好きこそものの上手なれ』ということわざがあるように、常に好奇心を持ち続けて長い人生を歩むべきだ」と締めくくった。

 やまもと しんや
 1939年東京都生まれ。58年演劇学科入学。65年、映画「狂い咲き」を初監督。深夜番組「トゥナイト」(テレビ朝日系)などでリポーターを務めた。現在はコメンテーターとして「ワイド! スクランブル」(同)に出演。

山本晋也.JPG

独特の語りで会場を沸かせた

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.