総合ニュース  2008年05月29日 17:09

■薬 市民参加の薬草教室 花が持つ魅力学ぶ

 薬学部が5月10日に同学部8号館などで開催した第6回薬草教室に一般市民ら約30人が参加した。
 

 参加者は、花と緑の街づくり研究家として活躍する川上幸男さんの「楽しい花との出会い」と題した講演を聞いた後、北中進教授(生薬学)らの案内で同学部薬用植物園を見学した。
 川上さんはシラネアオイなど千葉県船橋市周辺で見られる花の特徴や、栽培方法などを解説。心理療法の一つの園芸療法についても触れ「花を育てることからいろいろなことを感じてほしい」と話し、参加者は熱心にメモを取りながら聞き入った。
 薬用植物園では、北中教授が一つ一つの薬用植物について説明を加えた。

薬草教室.JPG

川上さんは奥深い花の世界を語った

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.