総合ニュース  2008年04月24日 19:13

■2008年度予算 2500億円承認 前年度に比べ46億円の増

 2008年度予算が3月21日の評議員会、28日の臨時理事会を経て決定した。資金収支予算は前年度予算比46億円増の2500億円。評議員会の出席者は小嶋勝衛総長・理事長ら115人(うち委任状12人)だった。また、臨時理事会の出席者数は31人(うち委任状は2人)。

 また、評議員会では付属藤沢中学校の設置や学科名称の変更、学科新設による寄附行為の変更や本年度の事業計画についても承認された。
 【収入】学生生徒等納付金収入は、学生生徒数の増加により8億8293万円(前年度比0・87%)増で、事業収入は、工、医学部での受託研究件数などの減少により1393万円(同0・54%)減となった。
 医療収入は医、歯学部付属病院の患者数増加などにより、6億313万円(同1・31%)増となった。
 【支出】人件費支出は教員人件費と退職金などの増加により、11億9305万円(同1・15%)増となった。教育研究経費支出は、芸術学部江古田キャンパスの南棟完成による移転費用などの業務委託費が減少したため、7億6343万円(同1・28%)減となった。

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.