校友・付属校ニュース  2008年04月23日 20:15

■選抜高校野球 長野日大がベスト8 千葉経大付に惜敗

 長野日大高は、第80回選抜高校野球大会(センバツ)に初出場し8強入りした。千葉経大付属高と対戦した準々決勝では八回までに7点差を追い付いたが、延長十一回にサヨナラ負けを喫した。
 

 準々決勝は三回まで7点を失ったが、四回に1点を返し、七回二、三塁の好機に上村圭佑(3)の適時打などで5点を追加。八回一、二塁には、三塁線にバントした池田秀弥(3)と相手一塁手が交錯した間に二塁走者が生還、7|7の同点とした。しかし、延長十一回二死一、二塁に適時打を許し惜敗した。
 松商学園高(長野)監督として9度甲子園出場を経験した中原英孝監督は3年前、長野日大高監督に就任。早朝の全校自主学習時間に練習時間を確保。昨秋の北信越地区大会で初優勝しセンバツ初出場を果たした。

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.