校友・付属校ニュース  2008年01月24日 15:51

■シンクロ 五輪予選に向け9人を選抜 原田、鈴木が貫禄示す

水泳のシンクロナイズドスイミングの北京五輪の日本代表最終選考会が昨年11月16日に東京・国立スポーツ科学センターで行われ、鈴木絵美子(2007年経済卒=東京シンクロクラブ、ミキハウス)、原田早穂(06年文理卒=同)ら9人が代表に内定した。9人は4月に行われる五輪予選に出場する。チームで上位3位内に入れば五輪出場が確定する。
 。

最終選考会には13人が挑み、曲なしで与えられた課題をこなすルーティーンセット、1人で2回演技するチームルーティーンの合計得点を競った。原田は198・450点(230点満点)を獲得して1位、鈴木は2位と貫録を示した

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.