スポーツニュース  2008年01月23日 21:20

■スピードスケート 全日本学生で松尾V 氷上大会で羽賀が新記録

 スピードスケートの第27回全日本学生選手権が昨年12月13、14日に群馬県総合スポーツセンター伊香保リンクで行われ、男子スプリント競技で松尾和明(経済4=青森・八戸商高)が優勝した。

 松尾は初日の五百メートルは37秒00で4位だったが、千メートルでは1分13秒99で1位、2日目の五百メートルは36秒53で2位、千メートルでは1分13秒39で1位になり、終始安定した滑りを見せた。
 1月6日から9日まで北海道・苫小牧市ハイランドスポーツセンターで行われた第80回日本学生氷上競技選手権の男子五百メートルに出場した、羽賀亮平(文理1=北海道・白樺学園高)が36秒17で、大会記録とリンク記録を塗り替えて優勝した。同種目で松尾は3位だった。
 羽賀の話 練習から調子が良かった。自分が思い描いた通りのレース展開だった。今季も一つ一つの大会に一生懸命取り組んで、1秒でも自己ベストを縮めたい。

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.