サークルニュース  2008年01月23日 19:50

■ダブルダッチホリデークラシック GM7、連覇逃す 2点差で日体大に首位譲る

 文理学部のダブルダッチサークルD・S・P(斉藤将之主将=教育3)に所属する「GM7」と「CHROM(クロム)」が昨年12月2日に米ニューヨーク市アポロシアターで開催された第16回ホリデークラシックのアドバンスト・フュージョン(AF)部門に出場し、それぞれ2、3位に入賞した。昨年同部門で優勝したGM7は優勝の日体大に2点差で振り切られ、連覇を逃した。

 斉藤、天野陽介(同)、松田友助(同)、大野拓(哲3)、河田久美子(中国語中国文化3)、近藤綾(独文3)の6人で構成するGM7は142点、坂本丞(体育2)、松沢知美(地球システム科2)と他大生の5人で構成するCHROMは135・5点だった。
 大会は4部門に分かれ、それぞれの技術難度や完成度、芸術点などを審査する。今回は日本と米国から計40チームが参加、AF部門には13チームが出場した。
 斉藤主将の話 最後の大会で優勝できず残念だが、ミスしないで終えられ、達成感でいっぱい。CHROMには来年優勝してほしい。

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.