校友・付属校ニュース  2007年12月21日 15:38

■国際高校生選抜書展 大賞に付属東北高橋本さん 個人の部で付属校16人入賞

 「書の甲子園」として知られる第16回国際高校生選抜書展(毎日新聞社主催)の審査結果が11月21日に発表され、個人の部で付属東北高から初めて橋本菜加さん(2)が大賞に選ばれた。そのほか、大垣日大高の山本光美さん(3)が優秀賞、付属東北高の増子恵美さん(2)が秀作賞を受賞した。団体の部では、付属東北高と大垣日大高が、いずれも2年連続で東北地区準優勝、東海地区優秀賞に選ばれた。
 

 橋本さんは顧問の佐藤久雄先生が書いた字を手本にした。受賞作は全紙(縦136センチ×横69センチ)に行書体で「柳蛙(りゅうあ)」という字と漢詩「偶成」にある「少年易老学難成 一寸光陰不可軽(少年老い易く学成り難し、一寸の光陰軽んずべからず)」の16文字を書いた。
 橋本さんの話 題は自由だったので二つの意味を込めた。一つは努力すれば必ず成し遂げられるという意味の「柳蛙」。もう一つは、時間を惜しみ書道や勉学に励もうという気持ちを込め「偶成」の一節を書いた。
 そのほかの受賞者は次の通り。
 ▽入選 木下翔一朗さん(付属三島高3) 松坂綾さん(同) 小林一史さん(付属明誠高2) 面川英亭さん(付属東北高3) 鍬野絢彦さん(同) 柳沼裕貴さん(同) 佐藤碧さん(同2) 柳沼香陽子さん(同) 山本ななさん(千葉日大一高1) 加賀真由子さん(大垣日大高3) 菊川夕維さん(同2) 安田愛さん(同1) 三輪恵理さん(同)

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.