総合ニュース  2007年11月30日 16:42

■市原関に化粧まわし 「一つでも番付上げたい」

 大相撲九州場所で十両に昇進した市原関(本名・市原孝行、2007年経済卒=木瀬部屋)に11月6日、本学から化粧まわしが贈られた。日本大学会館501会議室で行われた贈呈式には木瀬親方(本名・坂本直人、1992年文理卒)のほか、小嶋勝衛総長・理事長や田中英壽常務理事ら関係者13人が出席した。

2相撲 市原kai.JPG
化粧まわしを持つ市原関(左)と小嶋総長

 化粧まわしは白地で、前垂れ部分には本学のロゴマーク「Nドット」がプリントされた。小嶋総長は「期待している。ぜひ、大力士になってほしい」と激励。市原関は「一つでも番付が上がるよう頑張りたい」と話した。
 市原関は埼玉栄高出身。昨年の全日本選手権で優勝。アマチュア横綱に輝くなど全11冠を獲得。今年1月の初場所で幕下10枚目格付け出しで初土俵を踏んだ。夏場所は西幕下2枚目で4勝3敗、名古屋場所は西幕下筆頭で4勝3敗。9月の秋場所は東幕下筆頭で6勝1敗の好成績を挙げた。

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.