サークルニュース  2007年11月24日 17:01

■英語研究会 難波さん総長杯獲得 法や文理などから10人出場

 英語研究会(橋本直樹委員長=経済・経済3)は10月13日、日本大学会館601講堂で英語弁論大会を行った。法や文理など5学部の予選を通過した10人が出場。

 第53回総長杯は難波奈瑶子さん(生物資源科・生物環境工1)が、第20回OB杯は滝川友里さん(法・法律1)が獲得した。
 難波さんは「Don’tLeave Me Alone」と題し、14歳のときに自殺未遂をした体験を踏まえ「悩みを抱える友達がいるときは、自分がそばにいると伝えて、一人ぼっちにさせないでほしい」と訴えた。
 滝川さんは「Abolish Nuclear!」で核兵器廃止を訴えた。長崎県出身の滝川さんは、原爆資料館で聞いた原爆体験者の生々しい被害を紹介。原爆を廃止する第一歩として「長崎や広島の原爆資料館に行ってほしい」と呼び掛けた。

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.