スポーツニュース  2007年11月24日 14:38

■相撲 団体4連覇逃す 個人では深尾がベスト16

相撲の第85回全国学生選手権は11月3、4日、大阪府堺市の大浜公園相撲場で行われ、本学は団体戦で3位に終わり4連覇を逃した。

 学生横綱を決める個人戦では深尾光彦主将(経済4=埼玉栄高)のベスト16が最高。本学から学生横綱が誕生しなかったのは3年ぶり。
 団体戦は各大学から5人ずつ出場し、本学は予選を3位で通過した。準決勝では、大将の木村雄(同3=鳥取城北高)が西日本学生選手権で優勝した近大の杉山大輔(3)に敗れ、2-3で敗退した。
 個人戦では深尾が決勝トーナメント2回戦で赤沢徳彦(東洋大4)に敗れた。

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.