総合ニュース  2007年10月23日 19:29

■法 マスコミへの就活を指南 歯角業界研究会開催 OB・OGがアドバイス

 法学部校友会が主催する初のマスコミ業界研究セミナーが9月15日、同学部本館大講堂で開かれた。TBSテレビアナウンサーの柴田秀一さん(1981年法卒)をはじめ、日刊スポーツ出版社代表取締役社長の町田秀夫さん(69年同卒)ら、マスコミで活躍する学部OB・OG10人が参加。マスコミ業界を目指す学生へアドバイスや、質問に答えた。

2マスコミ.JPG
法学部OB・OGがマスコミの求める人材について語った

 3部に分けて行われたセミナーの第1部では、柴田さんが司会を務め「業界が求める人材は」などのテーマで9人とともにパネルディスカッションを行った。
 第2部では放送、新聞・出版、広告の3分野に分かれ、学生の質問に答える形で業界別分科会が開かれた。第3部では学生とOB・OGとの懇親会が催された。参加した学生からは「実際にマスコミで活躍している人たちから裏話や就活のテクニックなどを聞けた」と好評だった。
 法学部校友会から、セミナー開催のアイデアが昨年秋ごろに持ち上がり、今年3月には柴田さんらOBの協力を得て開催の動きが本格化、今回初めて実施された。

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.