スポーツニュース  2007年10月23日 18:06

■レスリング 全日本学生王座 まさかの2回戦敗退 国士舘大に3-4で敗れる

 レスリングの全日本学生王座決定戦が9月21日に東京・駒沢体育館で行われた。本学は高塚紀行主将(文理4=茨城・霞ケ浦高)が格下の相手にまさかの敗北を喫するなど不振で、2回戦で敗退した。
 

 2回戦の相手は国士舘大。55キロ級の須藤学(経済1=山形市立商高)が敗れた後、60キロ級で高塚が小田裕之(1)と対戦した。高塚は第1ピリオドを先取したが、第2、第3ピリオドを奪われ1-2で敗れた。66キロ級でも負けたが、工藤豪己(同4=青森・光星学院高)の74キロ級から84キロ級、96キロ級と、3階級続けて勝ち、チームスコアを3-3とした。しかし、120キロ級の高橋信一(商4=日本工大付属東京工高)がクリンチからポイントを奪われ、同点で迎えた延長の末第3ピリオドを失い、1-2で敗れた。

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.