サークルニュース  2007年10月06日 17:32

■歯 研究発表会で優勝 米大会日本代表に秋山さん

 歯学生による研究発表会「スチューデント・クリニシャン・リサーチ・プログラム(SCRP)」の日本代表選抜大会が8月22日、東京都千代田区の新歯科医師会館で行われ、秋山祐子さん(歯5)が優勝した。歯学部から優勝者が出るのは11年ぶり2人目。受賞式は9月21日に同学部4号館大会議室で行われる。

 秋山さんは9月27日から10月1日まで、米サンフランシスコ市で開催される米国歯科医師会SCRP大会に出場する。
 秋山さんの研究テーマは「視認性に優れたオリジナルシェード・ガイドの製作」。シェード・ガイドとは人間の歯の色調の色見本のこと。歯の色調を詳細にわたって表現することは困難とされていたが、秋山さんは光重合型レジンという材料を分析、そのデータを基に独自のガイドを製作した。
 秋山さんの話 実感がないが、率直にうれしい。テーマを決める段階でお世話になった先生や患者さんに感謝したい。

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.