写真ニュース  2007年10月06日 16:01

■久佳 百㍍自由形でアジア新!! 男子総合3連覇果たす

競泳の第83回日本学生選手権(インカレ)が9月7日から9日まで、江東区の東京辰巳国際水泳場で開催され、日本代表の佐藤久佳(文理3∥東京・付属豊山高)が百メートル自由形で日本新記録の48秒91をマーク。アジア人スイマーとして初めて49秒の壁を破った。長らく低迷が続いた同種目で期待のエースがついに世界の背中をとらえた。今大会5冠を達成した佐藤の活躍などで、本学男子は3年連続の総合優勝を果たし、優勝回数を36回に伸ばした。女子は総合で9位だった。
文・写真∥小池裕太

sato12(300).JPG
48秒台をマークしガッツポーズをする佐藤

 男子は初日、四百メートル自由形で日本代表の物延靖記(経済4・セントラルスポーツ∥静岡・飛龍高)が3位。四百メートルリレーでは3分21秒26の大会新記録で優勝した。
 2日目、二百メートル自由形で佐藤が1分48秒77の自己ベストで勝利。また、四百メートルメドレーリレーでは3分40秒53で優勝し、258・5点の首位で2日目を終えた。
 最終日、四百メートル個人メドレーで小林勇斗(文理
1∥東京・付属豊山高)が4分25秒66をマークし3位。百メートル自由形では、佐藤が8月の世界競泳で出した49秒22の日本記録を0秒31更新する48秒91で優勝した。大会最終レースの八百メートルリレーは7分24秒07で優勝し、リレー種目3冠を達成。総合得点を381・5点とし、総合優勝を果たした。
 女子は2日目の四百メートルメドレーリレーで4分10秒57を出し2年ぶりの優勝。総合得点を126・5点とし、9位だった。
 主な結果は次の通り
 【男子】 ▼百メートル自由形(1)佐藤48秒91(日本新)▼同二百メートル(1)佐藤1分48秒77▼同四百メートル(3)物延3分54秒80▼同1500メートル(4)土岐健一15分38秒34▼四百メートル個人メドレー(3)小林4分25秒66▼四百メートルリレー(1)本学(大庭浩太・杉本宗太郎・内田征平・佐藤)3分21秒26(大会新)▼四百メートルメドレーリレー(1)本学(内田・狐塚恭平・篠田大和・佐藤)3分40秒53▼八百メートルリレー(1)本学(物延・村崎悠太・内田・佐藤)7分24秒07▼総合(1)本学
 【女子】 ▼二百メートルバタフライ(5)吉谷玲奈2分13秒83▼四百メートルメドレーリレー(1)本学(高橋知美・対馬香枝・吉谷・上田春佳)4分10秒57▼総合(9)本学

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.